Cocoa 概要

ウェブ統計入門

Cocoa 概要

ココアは、Objective-Cを中心的な言語とみなすオブジェクト指向フレームワークです。
OS機能と収集クラスをまとめたサービス層である財団と主にGUIパーツの会議で
これらをCocoaフレームワークが狭義にある2と呼ぶAppKitの2レベルの構造を、作ります。
それは近い分割でなくて、Cocoaで広義でAddressBook APIを含む近隣のサービスを提供している
Objective-Cで記述されるフレームワークを呼ぶかもしれません。

ファブリックは、MVC建築と移動(デリゲート)(Responsibilityパターンの
再Chainが使い古した多くのどこか他の所であるという事実)です。
高い抽象的な程度があるより低いサービスで柔軟なViewの組合せは
特に強くて、同じ使用から高いカスタム化まで広い調整力を持ちます。
MV(Mac OS X v10)の間で同期間を自動化しているCocoa Binding(層経理担当役員)で
モデリングを自動化している中心的なDataは、実行されます。
Mac OS X v10.3と説明の抽象的な程度の4つは、よりそれ上がります。
ココア自体はセットされる純粋な機能です。
そして、Objective-C実行環境でコミュニケーションを行うならば
使用は他の言語から許可されます。
copyright(C)ウェブ統計入門